ペニスが勃起する仕組み

ペニスが勃起する仕組み

性的刺激を受けてると勃起するペニスですが、
その勃起の仕組みを簡単にご紹介します。

 

ペニスは以下のような構造になっています。
勃起に深く関係しているのがペニスの海綿体と呼ばれる部分です。

 

 

 

 

平常時は、海綿体の平滑筋細胞と呼ばれる細胞がペニスに流れる動脈を
圧迫しており、海綿体に血液が流れ込むのを防いでいます。

 

ですが、

 

性的刺激が脳から伝わるとサイクリックGMPという物質が分泌され、
この物質の作用でペニスを流れる動脈が開き、血液が一気に海綿体に流れ込みます。

 

海綿体はスポンジにように血液を吸収する性質があり
一気に流れ込んだ血液によってペニスは膨張し、硬化します。

 

 

 

 

硬化した海綿体により硬化した海綿体は同時に静脈を圧迫し、
海綿体から血液が逃げ出すのを防ぎ、勃起が継続するのです。

 

一定時間が経過すると、PDE5型酵素の働きによって
サイクリックGMPを破壊され、海綿体の硬化が弱まっていきます。

 

海綿体の硬化が弱まることで圧迫していた静脈が解放され、
海綿体に充満していた血液が静脈から流れ出ることで勃起が解消されます。

 

これが勃起の仕組みです。

 

ちなみに、ED、勃起不全に効果のあるバイアグラは、サイクリックGMPを
破壊するPDE5型酵素の働きを阻害することで勃起を促し、勃起を継続させる作用があります。