ペニス デメリット

対女性編 -ペニスが小さいことのデメリット-

ペニスが小さい、いわゆる”極小”の人が一番気にしているのが、対女性。
女性にどう思われるか、性交渉時に女性を満足させられるかが一番気になるところです。

 

先に、女性と付き合っていく上でペニスが小さいことのデメリットを挙げておきます。

 

ペニスが小さいことのデメリット

  • 女性に恋愛対象として見られない
  •  

  • 結婚相手としては考えられない
  •  

  • つまらないセックスを連想させる
  •  

  • 女性をイカせることができない

 

 

ペニスが小さいことは、対異性において非常に深刻です。
男性器はそもそも性行為を行うためのものです。

 

ペニスが小さければ満足な相手女性が満足いくセックスを行うことすらできません。

 

女性器にはいくつかの性感帯があり、中でも最も女性が快感を感じるのが、
膣内の一番奥、子宮経口だと言われています。

 

日本人女性の子宮経口は、入口から平均して17cm〜18cmと言われています。

 

勃起したときのペニスの長さが17cm異常であれば性交渉時にペニスの先端が
子宮経口に当たり、女性に快感を与えることができますが、

 

勃起したときのペニス長が17cm未満であればペニスそのものが子宮経口に
当たらない計算になります。

 

敢えて口には出しませんが、女性もいセックスにおいては快感を求めていはず。

 

小さいペニス = 不満足なセックス

 

を確実に女性に連想させてしまいます。

 

ペニスが小さいことは、恋愛そのもの障害となるばかりか、将来の伴侶を得ることすら危うい、
非常に危惧する問題なのです。