ゼファルリン 朝立ち

ゼファルリンと朝立ちの関係について

朝立ちのメカニズム

「朝立ちなんて、高校生の時以来1回もない・・・」
そんな風に悩んでいる中高年の方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、実は朝立ちしないからといってそれほど心配することはありません。

 

人間は深い睡眠(ノンレム睡眠)と、浅い睡眠(レム睡眠)とを数時間ごとに交互に繰り返しています。
これとは別に、自然な生理現象として熟睡している状態で勃起現象が起こっています。

 

睡眠時の勃起状態は「夜立ち」といわれ、年齢に関係なく起こる生理現象です。
夜立ちは完全に無意識の生理現象で、2時間程度続くと言われています。

 

朝立ちは、この「夜立ち」と睡眠サイクル(レム睡眠とノンレム睡眠の切り替わり)が
重なるタイミングによって起こるものにすぎません

 

つまり、精力が強いか弱いかを判断する基準として使えるものではないのです。
精力が強い人でも朝立ちしない人はいますし、精力が弱い人でも朝立ちする人はいるということですね。

 

だから、「朝立ちしない=精力が弱まっている」という考え方は正しくないのです。

 

 

 

「朝立ち=精力が強い」ではない

上で解説させていただいた通り、朝立ちをするのはレム睡眠とノンレム睡眠の切り替えが原因です。

 

つまり朝立ちの有無は、睡眠の質を判断する基準にはなったとしても、
精力の強い弱い判断する基準にはならないのです。

 

ゼファルリンを飲み始めて朝立ちをするようになった!
という人もいればそうはなっていないという人もいて不思議はありません。

 

ゼファルリンに含まれているアルギニンという成長ホルモンは精力(精子の生産能力)を
高める効果がありますが、睡眠の質で決まる朝立ちの有無によって
「効果が出ているかどうか」を判断するのは間違いです。

 

結論として、「朝立ちをしないからゼファルリンは効果がない」と考えるのは
間違っているということですね。

 

重要なことは朝立ちすることではなく、ペニスの増大が起こっているか、
あるいは精力の増強を感じられるかどうかです。

 

ゼファルリンで効果が得られなかった、という人のほとんどが服用期間が短すぎます。
(つまり、飲み始めてあまりにも早い時期にあきらめてしまっています)

 

「朝立ちしないから効果が出ていない」といったような誤った判断基準で
服用をあきらめてしまうのはとてももったいないことですよ。

 

ゼファルリンは即効薬ではなく、天然由来の滋養成分で自然なペニスの成長を
促すサプリメントです。

 

効果には個人差があるため、非常に早い期間で効果が出る人もいますが、
ほとんどの人は3ヶ月から6ヶ月程度は服用期間を設ける必要がありますよ。

「ペニス増大サプリ、ゼファルリン」