骨盤底筋群

骨盤底筋群を鍛えて勃起力を改善!

ED、勃起障害、勃起不全、中折れでお悩みに抜群の効果を発揮するのが、
骨盤底筋群を鍛えること!

 

骨盤底筋群というのは骨盤の底面に広がっている筋肉で、
内臓、膀胱が下に垂れ下がるのを防ぐ役割があると同時に
ペニスの付け根、土台となる筋肉なのです。

 

ペニスの勃起というのは、骨盤底筋群がペニスの根本を締め付けて
海綿体に溜まった血液を外に逃がさないようすることで勃起が継続します。

 

 

「ペニスは勃起するけど持続力がない・・・」

 

「ペニスの勃起力が弱い・・・」

 

 

とお悩みの方は、骨盤底筋群が弱っているためにペニスの根本を締め付ける力が弱く、
海綿体に溜まった血液が外に逃げて行ってしまうことが原因の一つなのです。

 

あまり馴染みのない骨盤底筋群ですが加齢、運動不足によった現代人は弱くなりがち。

 

骨盤底筋群というのは腕や足の筋肉と違って直接鍛えるのはなかなか難しいのですが、
誰でも簡単に鍛えることができるトレーニング法がスクワットなのです。

 

スクワットは内転筋と呼ばれる太ももの内側を鍛える効果があると同時に、
この内転筋とつながっている骨盤底筋群も同時に鍛える効果があるのです。

 

 

スクワットが中折れや勃起不全に効果的なのは、骨盤底筋群を鍛える効果があることに加えて
脊髄を流れる脳脊髄液の流れを円滑にする働きがあるからです。

 

脳脊髄液は脳とペニスの間の神経伝達物質の媒介となる液体。
この脳脊髄液の流れを促すことで脳からの勃起指令をスムーズにすることができるのです。

 

勃起力改善にはスクワットが最適トレーニングであることの理由をまとめておきますと、
以下のようになります。

 

ED、勃起力改善にスクワットが最適な理由

骨盤底筋群を太く、強くする効果がある

(海綿体に流れた血液を外に逃がさない)

脳脊髄液の流れを円滑にする働きがある

(脳・ペニス間の神経伝達をスムーズにする)